7314円 太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 アウトドアに 太陽熱調理器 日用品雑貨・文房具・手芸 防災関連グッズ その他 太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 全商品オープニング価格 アウトドアに 太陽熱調理器 太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 全商品オープニング価格 アウトドアに 太陽熱調理器 7314円,太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具,アウトドアに,日用品雑貨・文房具・手芸 , 防災関連グッズ , その他,エコ作500,太陽熱調理器,/forestaff384172.html,防災対策,swamirest.com 7314円 太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 アウトドアに 太陽熱調理器 日用品雑貨・文房具・手芸 防災関連グッズ その他 7314円,太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具,アウトドアに,日用品雑貨・文房具・手芸 , 防災関連グッズ , その他,エコ作500,太陽熱調理器,/forestaff384172.html,防災対策,swamirest.com

太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 全商品オープニング価格 希望者のみラッピング無料 アウトドアに 太陽熱調理器

太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 アウトドアに 太陽熱調理器

7314円

太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 アウトドアに 太陽熱調理器




エコ作の特徴と使用方法

エコ作は、太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具(真空集熱ガラス管+反射板)です。
水を入れれば、沸騰させることもできるので、山や海でコーヒーを飲んだりすることも出来ます。
アウトドアで、太陽熱でその場で釣ったお魚を焼いて食べたりなど、エコ生活を体験してみてはいかがでしょうか。

真空二重ガラス管の黒いコーティングが吸収膜になっており、屋外で太陽光に当たることによって、熱を吸収します。
また、真空は熱を伝えない特性がありますので、吸収した熱が蓄積されていき、管内部が200℃以上の高温になります。
ですから、管内部に直接食材を入れて、太陽光に当てるだけで調理ができる画期的な商品です。

最も効率よく直射日光を当てるには、反射板の真正面から日射を受けるのが良く、左写真の前面光通り穴から、エコ作背面同位置にある穴を太陽の光が貫通することで、効率の良い位置を確認できます。

組み立て方法

1、携帯に便利なように、コンパクトに収納が可能です。マジックテープを外し、反射板を開きます。
2、反射板側のスリットに8か所差し込みます。
3、木ダボ(木製ねじ)を差し込み、固定します。
4、8か所すべてに差し込み固定したら完成です。
 (3分ほどで完成し、工具なども必要ないので簡単です。)


野菜の調理方法

お好きな野菜を食べやすい大きさにカットして下さい。
エコ作本体の真空管に切った食材をダイレクトに入れます。
シリコン栓をして本体を太陽光に向けます。
約45分後、シリコン栓の穴から湯気があがったら出来上がりのサインです。
ホクホク野菜の完成です。

※真空管は2重構造になっておりますので、完成後そのまま手でお持ちいただけます。

お湯の沸かし方



最大500mlのお水を一度に沸かすことが可能です。
まずお水を本体に入れます。
そのまま反射板に取付け、太陽光にあてる事約60分で、シリコン栓上部から湯気があがったら完成のサインです。

※真空管は2重構造になっておりますので、完成後そのまま手でお持ちいただけます。

製品概要
製品寸法(収納時)wxHxD(mm):130x430x140
製品寸法(使用時)WxHxD(mm):475x430x145
ガラス管寸法外径x内径x長(mm):φ58xφ44xL400
ガラス管内容積(mL):500
製品質量(g):700

付属品
●エコ作本体 1 ケ
●シリコンゴム栓 1 ケ
●木ダボ 10 本
調理例
●湯沸し(100℃) 約60 分
●さつまいも 約45 分
●野菜の蒸し焼き 約45 分
●魚のホイル包み焼 約60 分

太陽光を集熱し200℃近い温度で肉や野菜などを焼くことができる調理器具 エコ作500 防災対策 アウトドアに 太陽熱調理器

新しい技術